스킵네비게이션

All menu
医療の先進化をリードして
公共医療の標準となる釜山医療院

社会事業室

Font size Print

目的

医療の真の目的は、患者さんににとって、社会へのより適切に復帰するようにすることで、そのためには、患者を単なる疾患でや不完全な能力で扱わないで、患者を全体的な状況の中で、つまり、身体的、心理的、社会的な複合体として理解して待遇しなければならず、こうした点で、入院および外来患者に対する社会的、経済的および精神的な面を調査、診断し、医療的治療活動を手伝ったり参加し、治療が終了した後も、正常な家庭と社会復帰ができるように助ける諸活動が必要です。

このような理由で、病院は医療法施行規則28条の4。
2項6号により、医療の社会福祉士を置くようにしています。

主な業務

  • 01心理社会的問題の相談
  • 02社会復帰とリハビリ相談
  • 03地域社会福祉館/特殊施設/介護施設などの機関連結及び他機関の依頼
  • 04患者の経済的問題の相談
  • 05教育プログラム
  • 06ボランティアプログラム
  • 07地域社会奉仕プログラム